レバレッジ1000倍をやってみた。

レバレッジ1000倍の勝負で100PIPS抜くだけで、自己資金を10倍に増加させるメリットに魅了されて、海外FX口座でレバレッジ1000倍で、ドル円/ユーロ円/ポンド円/その他通貨ペア取引をしている人もいますが、レバレッジ1000倍のリスクにだけ目を向けて、レバレッジ1000倍の勝負を避け、レバレッジ5倍~レバレッジ15倍で、ドル円/ユーロ円/ポンド円/その他通貨ペア取引をする傾向があります。これらのことを知った人が覚えておくべきことは、FX取引でリスク回避で低レバレッジトレードに固執していると、10年たっても、FXトレード資金1億円を突破することができず、トレード資金1000万円をうろうろすることになるが、低レバレッジ専門FXトレーダーは、金持ちにはなれませんが、FX退場という地獄を体験せずに済みます。

FX初心者のうちは、FX取引には99パーセント勝てる、FX取引でハイレバ必勝法がある、俺だけはレバレッジ1000倍でやられることはないだろうなという安心感を持っているし、FX初心者は、ロスカット注文なし、ゼロカットまでロスカットしないスタイルで、レバレッジ1000倍でドル円/ユーロ円/ポンド円取引をします。これを実践すると、恐怖が皆無の状態でのレバレッジ1000倍のFX取引をする経験ができるし、レバレッジ1000倍のFX取引で運よく勝てる経験ができるし、レバレッジ1000倍で運悪く負ける経験をすることもあります。

レバレッジ1000倍をやってみた人が手に入れておくべき情報。

レバレッジ1000倍でドル円/ユーロ円/ポンド円で勝つことが目標になりすぎてしまうと、レバレッジ1000倍のドル円/ユーロ円/ポンド円取引で生き残るという目標をすっかりと忘れてしまいます。これに当てはまるFXトレーダーは、近い未来、レバレッジ1000倍のGEMFOREX口座でゼロカット、強制ロスカットされます。

レバレッジ1000倍に興味を持たない、レバレッジ10倍~レバレッジ1000倍を使わないルールでFX取引をすると、レバレッジ1000倍のFX取引で8PIPSゼロカットされる回数が0回になり、レバレッジ5倍のFX取引での勝率が9割以上ゼロカット回数0回となり、FX取引で毎月5万円~10万円の利益を出すことが当たり前になります。これに当てはまるFXトレーダーは、FXはレバレッジさえ下げれば、だれでも利益が出せるゲームであるという発言をします。

☆レバレッジ1000倍を使える海外FX口座とは?

XM口座は最大レバレッジ888倍、レバレッジ制限でレバレッジ100倍なので、XM口座でレバレッジ1000倍を使えませんし、iforex口座はレバレッジ400倍固定なので、iforex口座でレバレッジ1000倍をつかえませんし、タイタンFX口座はレバレッジ500倍固定なので、タイタンFX口座でレバレッジ500倍を使うことができません。ところがどっこい、GEMFOREXは、最大レバレッジ1000倍、レバレッジ制限500倍を使うことができます。

レバレッジ1000倍で人生の勝ち組になれるか?

レバレッジ1000倍で人生の勝ち組になれている人は、レバレッジ1000倍のFX取引/CFD取引の勝率が100パーセントです。&レバレッジ1000倍での1万円チャレンジをしている。&300PIPS~500PIPSの損失を覚悟している。&レバレッジ1000倍に対するこだわりが薄い。&一年トータルでの利益にこだわっている&利益確定ボタンを押さずに、アホールドができる。&損切りしたい欲を抑えることができる。&過去のFX取引/CFD取引の失敗を覚えている。&勝率8割、損切り幅と利益確定幅が同じである。&知り合いや友達の年収を気にしない。&精神の状態が悪いときはFXから離れる。などの共通点があります。

レバレッジ1000倍のFX取引/CFD取引の勝率が100パーセントです。

レバレッジ1000倍のFX取引/CFD取引で一度ゼロカットでFX投資資金0になり、FX取引を続行できなくなる。これを回避するには、レバレッジ1000倍のFX取引/CFD取引での勝率100パーセントにして、レバレッジ50倍~レバレッジ100倍のFX取引/CFD取引の勝利を30パーセント~50パーセントにすればOK。

レバレッジ1000倍での1万円チャレンジをしている。

レバレッジ1000倍での1万円チャレンジのよいところは、1万円でドル円5枚~10枚のポジションを保有でき、ドル円で5万円~25万円の利益を発生させることが可能かつ、レバレッジ1000倍のFX取引/CFD取引の最大損失が1万円と限定される。また、レバレッジ1000倍での1万チャレンジの悪いところは、ドル円300枚~ドル円400万円のポジションを保有できず、ドル円で300万円~400万円の利益を発生させることができるところ。

300PIPS~500PIPSの損失を覚悟している。

レバレッジ1000倍で人生勝ち組になっている人は、300PIPS~500PIPSの損失を覚悟することで、300PIPSの損失が発生する可能性があるところではFX取引をしない,300PIPSの損失がでない確率が超高いときだけFX取引をしています。また、レバレッジ1000倍で負け犬になっているは、300PIPS~500PIPSの損失を覚悟できず、300PIPSの損失が発生する可能性があるところでFX取引をする、300pIPSの損失がでないときには、FX取引をしない。

レバレッジ1000倍に対するこだわりが薄い。

レバレッジ1000倍で勝ち組になるというこだわりが強いと、レバレッジ1000倍固定でFX取引をすることが常態化して、一回のレバレッジ1000倍のFX取引のポカで、海外FX口座資金が0になります。また、レバレッジ1000倍で勝ち組になるというこだわりが薄いと、レバレッジ1000倍固定でFX取引をしなくなるし、レバレッジ1000倍のFX取引をしたときには必ず活用になる。

一年トータルでの利益にこだわっている

レバレッジ1000倍のFX取引で負け組ルートを歩む人は、一日一日のFX取引の利益にこだわってしまい、損切りしなければいけないドル円・ユーロ円・ポンド円のポジションが損切りできない。また、レバレッジ1000倍のFX取引で勝ち組ルートを歩む人は、一日一日のFX取引の利益にこだわらず、一ヶ月単位のFX取引にこだわる傾向があり、損切りするべき、ドル円・ユーロ円・ポンド円のポジションを損切りできます。

利益確定ボタンを押さずに、アホールドができる。

レバレッジ1000倍のFXトレードで勝ち組になっている人は、レバ1000倍時でも、ドル円のポジションの含み益4PIPS~15PIPSで利益確定することはせず、ドル円のポジションの含み益500PIPSで利益確定をするというアホールドができています。これができるかできないかが、レバレッジ1000倍で勝ち組になれるか、負け組になるかの分岐点になります。

損切りしたい欲を抑えることができる。

レバレッジ1000倍のFX取引で勝ち組ロードを歩んでいる人は、一時的に損失を抱えても最終的には勝てるドル円のポジションを損切りしないが、損切りしたほうが絶対に得なドル円のポジションを損切りする傾向にあります。逆に、レバレッジ1000倍のFX取引で負け組ロードを歩んでいる人は、損切りラインになったら、ドル円のポジションを損切りし、損切りしたほうが絶対にとくなドル円のポジションが損切りできない傾向にあります。

過去のFX取引/CFD取引の失敗を覚えている。

レバレッジ1000倍のFX取引で勝ち組になれている人は、過去のFX取引/CFD取引の失敗を覚えており、過去のFX取引の失敗パターンが到来したときには、様子見するか、過去の失敗パターンとは逆のことをやるか?の行動をおこします。逆に、レバレッジ1000倍のFX取引で勝ち組になれていない人は、過去のFX取引/CFD取引の失敗を忘れており、過去のFX取引の失敗パターンが到来したときに、様子見ができず、過去の失敗パターンと同じことをします。

勝率8割、損切り幅と利益確定幅が同じである。

レバレッジ1000倍のFX取引で勝ち組になれている人は、勝率8割、損切り幅と利益確定幅が同じであり、レバレッジ1000倍のFX取引のトータル収支に持っていくことができています。逆に、レバレッジ1000倍のFX取引で負け組になれている人は、勝率3割、損切り幅が利益確定幅を上回っているので、レバレッ1000倍のFX取引のトータル収支がマイナスになります。

知り合いや友達の年収を気にしない。

レバレッジ1000倍のFX取引で勝ち組になれている人は、知り合いや友達の年収をきにせずに、自分のペースでFXでお金を稼げばいいやという思考を持つことができています。逆に、レバレッジ1000倍のFX取引で負け組になっている人は、知り合いや友達の年収を気にして、友達よりも金を稼がないといけない、もっとでかい枚数でFX取引をするしかないという思考をもっています。

精神の状態が悪いときはFXから離れる。

レバレッジ1000倍のFX取引で勝ち組になれている人は、精神の状態が悪いときや、ポジティブなことが考えられないときに、レバレッジ1000倍のFX取引を一切しないことで、無駄な損失発生を防止しています。また、レバレッジ1000倍のFX取引で負け組になっている人は、精神の状態が悪いときや、ネガティブなことを考えているときにも、レバレッジ1000倍のFX取引をしています。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする