FX運ゲーだ。

自分が予測不可能だと感じる為替相場で利益を上げられたのは、ただ運がよかっただけだし、自分が予測可能だと感じた為替相場で利益を上げられたのはただ運がよかっただけだし、自分が負けたと思い込んだ為替相場でプラス決済できたのは、ただ運がよかっただけであるから、為替相場界隈では、FXは運ゲーだといわれている。この事実をスルーしてしまったFXトレーダーは、運でFXトレードで利益を出せたことから目をそらしつづけるし、FXトレードで運がなく損失をだすという未来を直視しなくなりますし、FXトレードで一撃で40万円溶かした経験をします。今回は、FX運ゲーだ。について書いていきます。

FX運ゲーだからこそ、積極的にトレードをし続けていく。

FX運ゲーで損失を出すに決まってるからFXなんてやらない道を選ぶと、FXで利益を積み上げるチャンスを何度も逃すことになりますが、FX運ゲーだからこそ、自分の運を信じてFXをやっていくぞという道を選ぶと、FXで利益を積み上げるチャンスを得ることになります。それと、FXをやらなければ、FXと無縁の生活を送るだけになりますが、FXをやれば運で利益を積み上げ、運がないところで損失を最小限にして、FX取引で金を稼ぎまくる未来を手にすることができます。

FX運ゲーだと重い、積極的にトレードをしているときに絶対にやってはいけないことは、含み損が15PIPSでロスカットをすることができず、含み損250PIPSでゼロカット・含み損200PIPSで強制ロスカット・含み損150PIPSで自らロスカットすること。これらのことをやってしまうと、FXというゲームが資金を増やすゲームではなく、資金を減らすゲームとなってしまう。

FX運ゲーだからこそ、負ける確率が低いところでトレードをしていく。

FX運ゲーだから、負ける確率が高いところでも、何度でもトレードをしていくし、50パーセントの勝率があるところでも何度でもトレードをしていくし、80パーセントの勝率があるところでもトレードをするに分類される人は、FXトレードで損失を雪だるま方式で増やしていくことになります。それと、FX運ゲーと思いすぎると、適当なトレードが増えすぎて、どうしたら、FXで利益が出せるのか?という法則を探そうとしなくなります。

FX運ゲーではないから、負ける確率が高いところでは何もしない、勝率30パーセント~勝率50パーセントのところでも何もしない、勝率90パーセントが確実となったところでのみトレードをする癖をつけると、FXトレードで利益が雪だるま方式で増えていきます。これができない人は、FXで一生負け組街道を歩くことになるし、勝率90パーセントのときだけトレードをする習慣がある人は、FXで一撃100万円を何度も経験できる。

FX運ゲーになるパターンはある。1

1.大きなイベント前にポジションを持つ。

雇用統計が発表される前にドル円のポジションを持つことは、一種の運ゲーをやっているものだし、ユーロの経済指標が発表される前にユーロ円ポジションを持つことは、一種の
運ゲーをやっているものだし、ポンド円の経済指標が発表される前にポンド円ポジションを持つことは一種の運ゲーをやっているもの。この基本に気づけるかどうかがFX取引で成功できるかどうかの分岐点になります。

2.大きなイベント後にポジションを持つ。

雇用統計が発表された後にドル円スキャルをすることは、自分から損失のリスクを背負いにいっているものだし、ユーロ円経済指標が発表終了後にユーロ円スキャルをすることも自分からリスクを背負いにいっているものだし、ポンド円の経済指標が発表終了後にポンド円スキャルをすることも自分から大きなリスクを背負いにいっているもの。これに気づくと、リスクに敏感になり、ドル円スキャルでの損失回避がうまくなるし、ユーロ円スキャルでの損失回避がうまくなるし、ポンド円スキャルでも損失回避がうまくなる。

3.自分では予期できないことが起こる。

ドル円が15分で2円動かすような出来事が起きることがある、ユーロ円を30分で4円動かす出来事がある、ポンド円を20分で5円動かす出来事がある。これが起こらなければ、FX運ゲーではなく実力でどうこうできるゲームだと断言することができますが、現実にドル円2円下落、ユーロ円4円下落、ポンド円5円下落があるからFXは運ゲーなんだと言われているというのはあります。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする